読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

妊娠後の重症化リスク、持病なければ「変わらない」…厚労省

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、一般市民向けに開設している「新型コロナウイルスに関するQ&A」のサイトで、妊婦に関する情報などを更新した。重症化リスクについては「持病がない場合、妊娠していない女性と変わらない」などと記載した。感染拡大に伴い、産み控えが広がる中、妊娠に対する過度な心配を取り除く狙いがある。

 「妊婦が新型コロナに感染した場合、重症化しやすいですか?」の項目では、基本的に「同年代女性と変わらないとされる」とした。ただし、妊娠後期は、新型コロナに限らず、呼吸器感染症は重症化する可能性があることも記載、注意を促している。

 そのほか、「妊婦から胎児への感染はまれ」「母乳を介して乳児に感染するリスクは低いが、授乳時は接触・飛まつ感染のリスクがある」などの情報も紹介。授乳前の手洗い・消毒や授乳時のマスク着用などを勧めている。

 厚労省によると、昨年1~10月に、全国の自治体が妊婦らから受理した妊娠届の件数は約72万7200件で、前年同期比で約5%減少していた。

無断転載・複製を禁じます
1745106 0 医療・健康 2021/01/03 23:26:00 2021/01/03 23:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)