読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ重症患者に、肺炎抑える可能性がある細胞の分泌物投与…7月にも治験開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染症の重症患者に、肺炎を抑える可能性がある細胞の分泌物(エクソソーム)を投与する治験を、東京医科大などのチームが7月にも始める。チームは新型コロナの新たな治療につなげたいとしている。

 計画しているのは、同大の落谷おちや孝広教授(分子細胞治療)らのチーム。人の気管など気道の細胞を培養し、この細胞が出すエクソソームを大量に集め、東京慈恵会医科大病院で治療する3~10人の重症患者に吸入させる。

 このエクソソームには、炎症を抑える遺伝物質などが含まれている。重症患者が吸い込むと、エクソソームが肺の細胞に取り込まれ、肺炎の症状を和らげる可能性があるという。

 落谷教授らは動物実験で、肺の組織が硬くなる病変「線維化」を抑える効果を確かめている。

 治験では、経過を1年間観察して安全性などを確認し、良い結果が出れば、他の肺の病気でも効果をみる。

 ◆エクソソーム=脂質の膜でできた直径1万分の1ミリの袋状の物質で、たんぱく質や遺伝物質のRNAなどを包んでいる。細胞間を行き来し、様々な情報を伝える役割があるとされる。

無断転載・複製を禁じます
1746204 0 医療・健康 2021/01/04 14:00:00 2021/01/04 15:25:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)