読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

民間病院の受け入れ少ないとの指摘に「役割分担をした結果」…日本医師会の会長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本医師会の中川俊男会長は6日の記者会見で、民間病院では新型コロナウイルス感染者の受け入れが少ないとの指摘に対し、「コロナ患者をみる医療機関と通常の医療機関が役割分担をした結果だ。民間病院は面として地域医療を支えている」との見解を示した。

 コロナ患者が一部の病院に集中するなどして、首都圏を中心に病床の逼迫ひっぱくが問題となっている。

 1都3県に発令される緊急事態宣言については、「医療にとって非常に大きな意味がある。今後の拡大によっては全国的な発令も考えないといけない」との認識を示し、国民に緊張感を取り戻すよう呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1751758 0 医療・健康 2021/01/06 18:57:00 2021/01/07 00:01:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)