読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染対策の換気「こんなことになるとは」…ヒートショックで心筋梗塞に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 冷え込みの厳しい冬場になり、寒暖差が体調不良を引き起こす「ヒートショック」の危険性が高まっている。入浴時に発症するケースが多いが、新型コロナウイルス感染対策で頻繁に換気する今冬は、急に室温が下がった居間や寝室にも注意が必要だ。

■命の危険

 「胸が苦しい」――。先月下旬の夜、東京都江東区のマンションの寝室で、70歳代の女性が寝間着姿でうずくまっているのを、訪ねてきた娘(43)が発見した。女性は搬送先の病院で、心筋梗塞こうそくと診断された。

 女性は一人暮らしで、換気のため寝室の窓を開けた後に入浴。風呂上がりにベッドに向かったところ、急に胸の痛みを覚えた。診察した医師からは「温まった体で、急に寒い部屋に入ったのでヒートショックを起こしたのだろう。発見が遅れれば、命が危なかった」と言われたという。

 近所に住む娘は「コロナ感染が怖いので、母にはこまめに換気をするよう言っていた。こんなことになるとは……」と肩を落とした。

■目立つ浴室

 ヒートショックは、冬の入浴前後などに、急激な温度差で血圧が大きく変動し、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす健康障害だ。高齢者や、心臓などに慢性疾患がある人はリスクが高く、浴室で意識を失って溺れる事故も起きている。

 消費者庁によると、2019年、自宅や居住施設の浴槽で死亡した65歳以上の高齢者は4900人に上る。月別では1月が937人と最も多く、2月(624人)、12月(737人)と、気温が下がる時期が目立つ。

 消費者庁はヒートショック対策として、〈1〉入浴前に脱衣所と浴室を暖める〈2〉湯温は41度以下。入浴は10分まで〈3〉浴槽から急に立ち上がらない――ことなどを挙げている。

残り:915文字/全文:1632文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1772891 0 医療・健康 2021/01/15 15:00:00 2021/01/18 03:17:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210115-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)