読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】東京都内14の特定機能病院、重症者受け入れに偏り…8病院は3人未満

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で病床が逼迫ひっぱくする中、東京都内の14の特定機能病院でコロナ重症者の受け入れ数に偏りがあることが、読売新聞が入手した都の資料でわかった。都は重症者用として6床以上の確保を求めてきたが、1日平均6人以上を受け入れているのは2病院にとどまり、8病院は3人より少なかった。識者は「一部の医療機関に負担が集中しないよう、都などが偏りを是正すべきだ」と指摘する。

 都はがん専門の2病院を除く14の特定機能病院のほか、救命救急センターなどに対し、重症者用の病床確保の目安として今月11日までは6~7床、12日からは8床を示している。

 読売新聞は都内の医療機関が情報共有する都のサイトのデータを入手して比較した。14の特定機能病院で1~17日に都の重症者基準である「人工呼吸器または体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)」を装着したコロナ患者数は、最も多かった昭和大病院が1日平均7・5人。次いで東京医科歯科大病院6・0人、日本医大病院5・2人、東京医大病院4・8人、聖路加国際病院4・1人。

 残りの9病院は3人台が1病院、2人台が6病院、2人未満が2病院だった。全体の平均は3・5人。

 特定機能以外の救命救急センターのある病院でも5・1~1・6人とばらつきがあった。都は「病院の理解が得られない」として個別の状況を公表していない。

残り:386文字/全文:968文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1782879 0 医療・健康 2021/01/20 05:00:00 2021/01/20 04:59:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)