読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

変異種に感染、重症ゴリラが抗体医薬で回復…トランプ氏治療でも活用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスで重症となった高齢のオスのゴリラが抗体医薬などによる治療で回復したと、米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園が25日発表した。

新型コロナに感染したニシローランドゴリラのウィンストン(米カリフォルニア州・サンディエゴ動物園提供)
新型コロナに感染したニシローランドゴリラのウィンストン(米カリフォルニア州・サンディエゴ動物園提供)

 抗体医薬は感染から回復した患者から採取した抗体を基に開発され、トランプ前大統領の治療でも使われた。ただ、今回投与されたのはヒトでは許可されていないタイプという。

 同園のサファリパークで今月上旬、ニシローランドゴリラ8頭の群れのうち数頭で、せきや鼻水などの症状がみられた。大型類人猿では初というコロナの陽性が検査で確認されたのは同11日。無症状の飼育員から感染したとみられ、変異種だったという。

 獣医師のチームが群れのボスで48歳のウィンストンに麻酔をした上で調べ、肺炎と心疾患を確認。専門家に相談しながら、抗体医薬や抗生物質を投与して治療に当たっていた。

 同園には動物用にワクチンが提供されており、今後、どの動物に接種するか検討を進めるという。

無断転載・複製を禁じます
1799757 0 医療・健康 2021/01/27 10:50:00 2021/01/27 12:48:15 新型コロナに感染したゴリラ「ウィンストン」(米カリフォルニア州・サンディエゴ動物園提供)=提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210127-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)