スイス、アストラゼネカ製ワクチンの承認保留…「データ不十分」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】スイス政府は3日、英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスのワクチンについて、会社側から提出されたデータが「不十分」だとして承認を保留したと発表した。「安全性や効果、品質についての評価をするため、新たな研究からのデータが必要だ」と指摘した。

正恩氏「指導幹部の態度や緩み、重大な結果を招いた」…新たに23万人発熱

 アストラゼネカ製のワクチンはドイツなどが、「有効性を評価するデータが不十分」だなどとして、65歳以上の高齢者への接種を推奨しないとしている。スイスはこれまでに米ファイザーと米モデルナのワクチンを承認している。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1819574 0 医療・健康 2021/02/04 11:22:00 2021/02/04 11:28:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)