読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都内の心臓病救急11病院、受け入れを停止…コロナで病床逼迫

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う病床の逼迫ひっぱくを受け、東京都内で心臓病の救急医療を担う病院のうち、11病院が受け入れを停止していることが、心臓病関連11学会と日本医師会が5日に開いた記者会見で明らかになった。

 都内には24時間体制で急性心筋梗塞こうそくの手術を行える病院が73あるが、このうち、1月にコロナ専門病院となった都立広尾病院(渋谷区)、公社豊島病院(板橋区)を含めた11病院が現在、心臓病の救急受け入れを停止している。

 急性心不全で10病院に受け入れを断られ30キロ以上離れた病院に収容されたケースや、急性心筋梗塞で救急要請から3時間後に収容されたケースもあったという。

 この事態を受け、11学会と日医は、国民に対し、〈1〉感染拡大防止への協力〈2〉心血管病の治療の継続――を呼びかける緊急声明を発表した。日本循環器学会の平田健一代表理事は「病床は逼迫しているが、心臓や血管に異常を感じたら、ためらわず受診してください」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1823048 0 医療・健康 2021/02/05 20:05:00 2021/02/05 21:08:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)