読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種、3週間空け計2回・腕の筋肉に…16歳以上対象

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

接種の順番・日程は?…効果とリスクは?[基礎からわかるコロナワクチン]

 厚生労働省は14日、米製薬大手ファイザーが申請していた新型コロナウイルスのワクチンについて、製造販売を特例承認した。新型コロナのワクチンとして国内で初めての承認となる。厚労省は17日から医療従事者向けに先行接種を始める予定だ。

国内初の新型コロナウイルスワクチンとして承認されたファイザー社のワクチン(ファイザー社提供)
国内初の新型コロナウイルスワクチンとして承認されたファイザー社のワクチン(ファイザー社提供)

 ワクチンの商品名は「コミナティ」で、原則3週間の間隔を空けて計2回、腕の筋肉に接種する。新型コロナの発症を防ぐ効果が期待される。16歳未満の臨床試験のデータが少ないため、接種対象は16歳以上とした。

 接種の注意点などを書いた医師向けの添付文書によると、国際的な臨床試験でコロナの発症率を95%減らす効果が示された。一方、臨床試験では、副反応として接種部位の痛み(84%)疲労感(63%)、頭痛(55%)、筋肉痛(38%)などがみられた。重い副作用として、頻度は不明だが、アナフィラキシーと呼ばれるアレルギー反応を挙げた。

国内初の新型コロナウイルスワクチンとして承認されたファイザー社のワクチン(ファイザー社提供)
国内初の新型コロナウイルスワクチンとして承認されたファイザー社のワクチン(ファイザー社提供)

 明らかに発熱している人や、重い急性の病気の人への接種は不適当としたほか、腎臓、肝臓、免疫機能などに持病がある人は接種の判断に注意が必要としている。妊婦については、予防接種の利点が危険性を上回ると医師が判断した場合にのみ行うとしている。

 17日からは国立病院機構など100病院の医師や看護師ら1万人以上への先行接種が予定され、厚労省は接種後の健康状態を調べる。政府は4月以降、高齢者約3600万人を対象にした優先接種を始め、約3か月で完了する想定を公表している。

 新型コロナのワクチンを巡っては、英アストラゼネカが2月上旬に承認を申請し、米モデルナが国内での臨床試験を進めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1842150 0 医療・健康 2021/02/14 19:41:00 2021/02/15 10:13:55 国内初の新型コロナウイルスワクチンとして承認されたファイザー社のワクチン(ファイザー社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210214-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)