読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種で発症・重症が激減、臨床と同等の有効性確認…世界1・8億回のデータ蓄積

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米英やイスラエルなどでは、日本に先駆けて新型コロナウイルスワクチンの接種が始まっており、実際の接種現場におけるデータが蓄積されだした。臨床試験とほぼ同等の有効性が裏付けられている。

イスラエル・テルアビブ近郊で、新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける若者(15日、AP)
イスラエル・テルアビブ近郊で、新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける若者(15日、AP)

 英統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、世界では16日現在、1億8000万回以上のワクチン接種が行われた。

 最も接種が進むイスラエルでは、人口923万人の4割超が少なくとも1回の接種を受けた。同国の医療組織「クラリット」は14日、米ファイザーのワクチンを接種した60万人を未接種の60万人と比べ、発症者が94%減ったと発表した。重症例も92%減少したという。約4万人が参加したファイザーの臨床試験では、ワクチン接種で発症者数が95%減っており、これとほぼ同等の結果だ。

 英国でも、優先接種の対象となっている80歳以上で、ワクチンの効果が出始めていると、英オックスフォード大などの研究チームが発表した。9日時点で、新型コロナに感染した80歳以上の高齢者の死亡率が、1月上旬に比べ30%以上減ったという。接種が後回しとなっている65~79歳では、死亡率の減少率が10%台にとどまった。

 東京大の石井健教授(ワクチン科学)は「臨床試験の結果が再現された。安心材料が追加されたという意味では歓迎できる」と話す。

2回目接種を終えた人に証明書発行…イスラエル

 ワクチン接種を受けたことを証明する「ワクチンパスポート」を発行して移動の自由を保証し、経済活動の立て直しに役立てようとする動きも出ている。

 イスラエルは、2回目の接種を終えた人に証明書の発行を始めた。保有者には映画館やホテル利用のほか、国内外の自由な旅行も認められる。AP通信によると、デンマークやスウェーデンも、携帯電話に接種の証明書を表示するシステムの開発を進めているという。

 ただ、各国の証明書に共通の書式はなく、入国時の規制もばらばらなままだ。米マイクロソフトなどは1月、ワクチン接種履歴を示す世界共通の電子証明書を開発すると発表しており、実用化が期待される。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1850398 0 医療・健康 2021/02/18 05:00:00 2021/02/18 09:16:47 An Israeli youth receives a Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine during an event to encourage the vaccination of young Israelis at a vaccination center in the Israeli city of Holon near Tel Aviv, Monday, Feb. 15, 2021. (AP Photo/Sebastian Scheiner) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210217-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)