読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鳥インフルH5N8亜型、ヒト感染を世界で初確認…ロシア当局がWHO報告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシア衛生当局は20日、高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N8亜型」について、世界で初めてヒトへの感染を確認し、世界保健機関(WHO)に報告したと発表した。ヒトからヒトへの感染は確認されていないという。

 発表によると、昨年12月、ロシア南部の養鶏場で鳥インフルエンザが検出された際、従業員7人も感染していることが判明した。感染した経緯など詳細は不明だが、現在は全員が回復しているという。露衛生当局は「症状は軽く、(感染者には)免疫反応も確認された」と説明した。

 H5N8亜型は日本でも、野鳥や養鶏場で飼育されている鶏からの検出が相次いでいる。

無断転載・複製を禁じます
1858009 0 医療・健康 2021/02/21 14:01:00 2021/02/22 10:58:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)