読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

飲酒に悩む全ての人を診療、アルコール低減外来開設…筑波大付属病院

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 一人ひとりに適した飲酒量を医師と一緒に考えてもらおうと、筑波大付属病院は4月、「アルコール低減外来」を開設する。飲酒で悩む全ての人を診療する。アルコール依存症を対象とした医療機関は全国にあるが、依存症ではない人も診療する外来は珍しく、大学病院では国内初だという。

 低減外来では、面談や採血検査などの結果を踏まえ、最適な飲酒量を割り出す。必要があれば投薬治療もする。完全予約制で、紹介状は必要ない。

 依存症など深刻な飲酒問題では多くの場合、精神科医が診療する。これに対して低減外来では、様々な健康問題に対応するため、総合診療科の医師が担当する。

 同病院によると、飲酒に問題がある人は国内で約1300万人いるが、受診者はアルコール依存症が疑われる約10万人にとどまるという。筑波大の吉本尚准教授(総合診療科)は「ありそうでなかった外来。気軽に相談できる場所として活用してもらい、健康な生活の実現につなげてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1873837 0 医療・健康 2021/02/28 11:08:00 2021/02/28 11:08:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)