読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン副反応に「重大な懸念ない」…先行接種2万2000人で報告3人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの安全性などを議論する厚生労働省の有識者検討会が26日、接種開始後初めて開かれた。25日までに接種を受けた約2万2000人のうち、副反応が疑われる症状の報告は3人で、専門家は現時点で接種の継続について「重大な懸念は認められない」とした。

厚生労働省
厚生労働省

 3人の事例は、いずれも診療した医師から国に報告された。1人は47歳の女性で、寒けや震えが出た。もう1人は40歳の女性で、腕や足に力が入らなくなった。3人目は年齢、性別は非公表の人で、富山労災病院(富山県魚津市)で接種し、皮膚や口にじんましんが出た。3人とも入院したが、翌日までに症状が回復しており、専門家は接種の継続に問題はないとした。

 新型コロナのワクチンについては、副反応が疑われる症状を診断した医師が国に報告するほか、軽度の副反応疑い事例も広く集めるため、同省の研究班が医療従事者約2万人を対象に健康調査を実施している。

 同省は今後、検討会を1~2週間に1回の頻度で開催し、軽度の副反応疑いの事例もまとめて公表する。研究班がまとめる1回目の接種後の調査結果は、次回の検討会で示される見込み。

 死亡や重いアレルギー症状のアナフィラキシー反応が起きた場合は、1人目は速やかに公表するという。

無断転載・複製を禁じます
1871741 0 医療・健康 2021/02/26 23:54:00 2021/02/26 23:54:00 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京都千代田区霞が関で。2020年11月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)