読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

武田薬品、米モデルナ製ワクチンの製造販売を承認申請…国内3例目・判断は5月以降に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 武田薬品工業は5日、米バイオ企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンの製造販売について、厚生労働省に承認申請したと発表した。承認の判断は5月以降になる予定で、承認されれば、武田薬品が国内の流通を担う。

 新型コロナワクチンの国内申請は、米ファイザー、英アストラゼネカに続き3例目。政府が購入契約を結んだワクチンは、すべて申請が済んだ。ファイザー製は接種が始まっている。

 審査では、期間を短縮する特例承認が適用される見込み。武田薬品は1月下旬から国内で大人200人を対象に臨床試験を行っている。5月にデータをまとめ、提出する予定という。

 政府は昨年10月、モデルナ、武田薬品両社と今年1~6月に4000万回分(2000万人分)、同7~9月に1000万回分(500万人分)の供給を受ける契約を結んだ。

無断転載・複製を禁じます
1888418 0 医療・健康 2021/03/05 19:48:00 2021/03/05 19:49:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)