ぜんそくの女性、ワクチン接種で国内初のアナフィラキシー…せき・全身のかゆみ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

厚生労働省
厚生労働省

 厚生労働省は5日、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた医療従事者の女性(30歳代)が重いアレルギー症状のアナフィラキシーを起こしたと発表した。この症状の報告は初めて。投薬により症状は改善したという。医療機関からは接種と関連があるとの見立てが報告されているが、厚労省は今後専門家の意見も踏まえ関係性を詳しく調べる方針。

7月の訪日客、厳しい入国制限で「足踏み」…コロナ禍前に比べ95・2%減

 厚労省によると、女性は5日に接種を受けた数分後、せきに続き、まぶたの腫れや全身のかゆみなどの症状が表れた。女性にはぜんそくなどの持病があった。

 新型コロナのワクチンでは、まれにアナフィラキシーの副反応が起きることが分かっている。厚労省の有識者会議の会長を務める岡明・埼玉県立小児医療センター病院長は「適切な治療で軽快したと考えられる。どのワクチンにもアナフィラキシーを起こす可能性があり、接種後15分以上接種場所で待機する観察期間の周知などが重要だ」としている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1889450 0 医療・健康 2021/03/05 22:03:00 2021/03/06 07:52:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210305-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)