国内2例目、ワクチン接種の20代女性にアナフィラキシー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は6日、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた医療従事者の20歳代の女性が、重いアレルギー症状のアナフィラキシーを起こしたと発表した。この症状の公表は2人目となる。

抗原検査キットのネット販売、8月中にも解禁…陽性なら医療機関を受診
厚生労働省
厚生労働省

 厚労省によると、女性は5日に接種を受け、約25分後にじんましんや息苦しさなどの症状が表れた。投薬で症状は改善したという。

 新型コロナのワクチンではまれにアナフィラキシーの副反応が起きる。この女性については、医療機関から接種と関連があると報告されている。厚労省は専門家の意見を聞き関係を詳しく調べる方針だ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1891357 0 医療・健康 2021/03/06 23:18:00 2021/03/07 09:34:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210306-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)