読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内でウイルスの一部変異、ワクチン効果低下の恐れも…慶大解析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内で昨年採取された新型コロナウイルスの一部に、ワクチンの効果を低下させる恐れがある変異が起きていたとする解析結果を、慶応大の研究チームが明らかにした。このウイルスは国内で変異したとみられるが、現在流行している兆候はないという。

 チームは、国立感染症研究所が、国際的なデータベースに登録したウイルスの遺伝情報を解析した。その結果、昨年8月と12月に採取されたウイルス2個の突起先端部に「E484K」と呼ばれる変異があった。他の遺伝情報は、国内で蔓延まんえんしている従来型ウイルスに類似していたという。

 E484Kは、これまでの感染で体内にできた抗体やワクチンの効果を低下させると懸念されている。この変異を持つ南アフリカ型などの変異ウイルスは国内でも確認されているが、これまではすべて海外から流入したとみられていた。

 チームの小崎健次郎教授(臨床遺伝学)は「変異は今後も国内で起こりうる。E484Kのような変異を迅速に発見する態勢作りが重要だ」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1891699 0 医療・健康 2021/03/07 05:00:00 2021/03/07 09:34:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)