ファイザーのワクチン、無症状の感染予防効果が94%…イスラエルの接種で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米製薬大手ファイザーは11日、同社が開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、イスラエルでの接種の結果、発熱やせきなどが表れない無症状の感染を予防する効果が94%に上ったと発表した。無症状者が自覚のないまま感染を広げるケースがあり、同社は「この感染症と闘う国々に希望を与えるデータだ」としている。

国内のコロナ新規感染3万1010人…東京の1週間平均は11%減

 発表によると、1月中旬~3月上旬にイスラエルの保健当局が収集した接種者の健康状態の情報などを分析した。感染による重症や死亡などを防ぐ効果は97%に上り、ファイザーによる最終段階の臨床試験で示された95%の有効性とほぼ一致した。今回の研究で分析したウイルスの8割超が英国型の変異ウイルスだった。

 ロイター通信によると、10日時点の集計で、イスラエル国民の約55%が少なくとも1回目のワクチン接種を終えているという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1905697 0 医療・健康 2021/03/12 13:55:00 2021/03/12 14:10:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)