読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米モデルナ、12歳未満の子供用ワクチンの後期臨床試験を開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米バイオ企業モデルナは16日、12歳未満の子供を対象とする新型コロナウイルスワクチンの後期段階の臨床試験を始めたと発表した。米国内で承認済みの3種類のワクチンはいずれも16~18歳以上に接種を限定している。同社は子供へのワクチンの効果や安全性などを確認し、接種対象の拡大を目指す方針だ。

 発表によると、モデルナが開始したのは3段階ある臨床試験のうち、後期にあたる第2・第3段階を組み合わせたもので、生後6か月から12歳未満の小児が対象。米国やカナダで約6750人が参加する。同社は昨年12月から12~17歳向けの臨床試験も進めている。

 米製薬大手ファイザーも12~15歳を対象とした臨床試験を実施しており、11歳以下を対象とした臨床試験も近く始める意向だ。

 アンソニー・ファウチ国立アレルギー感染症研究所長は16日、米メディアの取材に、「安全性の問題がなければ、今秋までに高校生への接種が始まる」との見通しを示した。

無断転載・複製を禁じます
1916110 0 医療・健康 2021/03/17 12:11:00 2021/03/17 12:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)