読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ファイザーワクチン、米で12~15歳へ緊急使用許可申請…「世界に普及させるステップ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 【ワシントン=船越翔】米製薬大手ファイザーは9日、同社の新型コロナウイルスワクチンについて、12~15歳を対象とする緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。数日中に米国以外の規制当局にも申請する。

 現在接種が行われているファイザー製ワクチンは16歳以上を対象としている。ファイザーは9日の声明で「今回の申請は世界にワクチンを普及させるための重要なステップだ」と強調した。同社は米国内の12~15歳の約2300人が参加したワクチンの臨床試験で、「100%の予防効果が確認された」と説明し、生後6か月~11歳を対象とした臨床試験にも着手している。

 ミシガン州などでは、未成年の感染者が増加傾向にある。保健当局は学校でのスポーツ活動などが原因とみており、子供への接種を求める声が高まっている。

無断転載・複製を禁じます
1976489 0 医療・健康 2021/04/10 20:33:00 2021/04/10 20:33:00 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供。外部著作権ですが、報道利用可能。ただしトリミング不可。撮影年月日不明。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210410-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)