読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

5分以内で感染判定、検査費用はPCR並み…理研など数年後の実用化目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 理化学研究所や東京大などの研究チームは19日、新型コロナウイルスの感染の有無を、唾液などから5分以内で判定できる技術を開発したと発表した。検査費用は、PCR検査並みになるという。年度内に自動検査装置を開発し、数年後の実用化を目指す。

 PCR検査は、唾液など検体に含まれるウイルスの遺伝情報を増やすといった処理が必要で、判定まで1時間程度かかっていた。

 チームは、新型コロナウイルスを含む検体に加えると遺伝情報とすぐに結合し、蛍光を発する試薬を活用した。1平方センチ・メートルに100万個の穴があるマイクロチップに検体を載せ、顕微鏡で穴ごとに蛍光を数えて10個以上検知すると「感染」と判定する。

 インフルエンザウイルスの感染も同様の方法で判定できるため、チームは新型コロナと同時に検査できる装置の開発も検討している。チームの渡辺力也・理研主任研究員(生物物理学)は「一般の病院に置ける装置にしたい」と話している。

 大阪大の樺山一哉准教授(生化学)の話「コロナに限らずウイルスの検査に活用でき有用性が高い。広く普及させるには装置を低価格にする必要がある」

無断転載・複製を禁じます
1996111 0 医療・健康 2021/04/19 20:37:00 2021/04/19 20:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)