読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

変異型感染、5割超える「全国的に置き換わっていく」…感染力は地域でバラつき

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策を検討する厚生労働省の助言機関は27日、感染力が強いとされる変異ウイルスの割合が全国で5割を超えるなど上昇傾向を続け、「変異型に全国的に置き換わっていくことが予想される」との見解を示した。

厚生労働省
厚生労働省

 厚労省によると、感染力が強いとされる「N501Y」の変異型の抽出検査で陽性となった人の割合は、18日までの1週間で、全国で5割を超えた。大阪、京都、兵庫、奈良では8~9割を占め、東京で約4割、愛知で約6割となった。

 昨年12月に空港検疫で見つかって以来、「N501Y」の変異型に感染した人は、26日時点で全国で9332人となった。前週から1・8倍に増えている。

 また、国立感染症研究所の分析で、N501Yの変異型は地域によって感染力が異なることが示された。26日時点の推定値では、従来型のウイルスに比べて大阪では1・29倍、東京では1・53倍、埼玉では1・68倍となった。懸念されている子どもへの影響については、年代別にみて「15歳未満で明らかに感染拡大している傾向は見られていない」とした。

 一方、助言機関は全国で新規感染者が増加したことに伴い、「重症者が急増し、死亡者も増加に転じている」と指摘。高齢者に感染が拡大すれば、重症者数がさらに増加する可能性が高いとの危機感を示した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2015828 0 医療・健康 2021/04/27 22:18:00 2021/04/28 01:20:56 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京都千代田区霞が関で。2020年11月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210427-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)