モデルナ製、国内臨床で「全員の抗体上昇」…武田薬品がデータ提出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米バイオ企業モデルナが開発した新型コロナワクチンについて、武田薬品工業は10日、国内で実施した臨床試験の結果、ワクチンを2回接種した全員で、感染を防ぐ抗体の上昇を確認したと発表した。重大な副作用の報告はなかったという。同日、データを国の審査機関に提出した。

東京都内で新たに2万9115人コロナ感染…4日連続で1週間前を下回る
モデルナ製ワクチン(ロイター)
モデルナ製ワクチン(ロイター)

 武田薬品は、モデルナ製ワクチンの輸入や流通などを担当している。臨床試験は今年1月から、国内の健康な成人男女200人を対象にワクチンか偽薬のいずれかを接種し、効果や安全性を調べていた。

 海外で約3万人が参加した臨床試験では、発症を防ぐ有効性が94%となっている。政府は審査で安全性などが確認できれば、今月21日にもモデルナ製のワクチンを特例承認し、24日から東京や大阪に開設する大規模な接種会場で使用する方向で、調整している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2041601 0 医療・健康 2021/05/10 20:01:00 2021/05/11 21:49:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50102-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)