読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「大手町への移動、現実的ではない」埼玉県が独自に大規模接種会場を設置へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は10日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場をさいたま市内に設置すると発表した。65歳以上の高齢者のうち未接種の人が対象で、6月1日から7月末までの期間中、約2万1000人への接種を想定している。予約は5月下旬から受け付ける。

埼玉県庁
埼玉県庁

 会場は同市浦和区の県浦和合同庁舎に設ける。政府は首都圏1都3県の住民を対象にした大規模接種会場を東京・大手町に今月24日に設けるが、県は「感染リスクの高い高齢者に移動してもらうのは現実的ではない」(大野元裕知事)とし、独自に設けることにした。

 米モデルナ製のワクチンを使う予定。市町村による医療従事者の確保に影響を与えないよう、接種する医師らは県立病院から派遣する。

 大規模な接種会場については、政府が東京、大阪に設けるほか、群馬、愛知両県などが設置する方針を示している。

無断転載・複製を禁じます
2042177 0 医療・健康 2021/05/10 22:53:00 2021/05/10 22:53:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)