読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

医療ひっ迫地域に看護師105人派遣へ…厚労相、大阪・兵庫など念頭に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

田村厚労相
田村厚労相

 田村厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大により医療提供体制が逼迫ひっぱくしている地域に、公的医療機関から看護師計105人を派遣すると明らかにした。当面は大阪府や兵庫県など関西圏を念頭に、6月1日からの派遣を調整する。

 厚労省は、国立病院機構、地域医療機能推進機構(JCHO)、日本赤十字社、労働者健康安全機構の4組織に協力を依頼し、76の医療機関が応じた。105人のうち25人は集中治療室(ICU)での勤務経験などがあり、重症患者の対応が可能。80人は、軽症・中等症患者の支援にあたる。

 政府は4月にも全国の大学病院などに看護師派遣を要請し、約70人が協力している。

無断転載・複製を禁じます
2044454 0 医療・健康 2021/05/11 20:56:00 2021/05/11 21:53:41 田村憲久・厚労相。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)