読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アストラゼネカ製ワクチン、20日に承認の可否判断…モデルナ製とともに議論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの製造販売について、20日に承認の可否を判断する。同日開かれる厚生労働省の専門家部会で、米バイオ企業モデルナ製のワクチンとともに議論し、了承されれば、21日にも特例承認する方針だ。

英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)
英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)

 アストラゼネカは2月上旬に厚労省に承認を申請していた。国際的な臨床試験で、発症を防ぐ有効性が70%とする結果が出ており、国内での臨床試験結果を加えて、厚労省が最終的に判断する。

 同社のワクチンは、無害化した風邪のウイルスを使って新型コロナの遺伝物質の一部を体内に運び、免疫を獲得させるタイプ。冷蔵保存(2~8度)でき、米ファイザー製のような特別な冷凍庫は必要なく、扱いやすいのが特徴だ。

 ただし、欧州では、アストラゼネカ製ワクチンの接種後に、まれに血栓症が起きた報告がある。発症例の多くが60歳未満の女性だったため、接種対象を高齢者に限る動きが広がっているほか、接種中止に踏み切った国もある。

 政府は昨年12月、同社と1億2000万回分(6000万人分)の供給を受ける契約を結んでいるが、国内で誰に接種するかは決まっていない。

無断転載・複製を禁じます
2054764 0 医療・健康 2021/05/15 22:41:00 2021/05/15 22:41:00 英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン=ロイター。高齢者に対する有効性について、国によって判断が分かれている。2021年2月4日撮影。同月6日朝刊「コロナワクチン アストラゼネカ製 高齢者に有効? 議論 独仏伊 推奨せず」掲載。A vail of the Oxford-AstraZeneca COVID-19 vaccine is seen at Basingstoke Fire Station, in Basingstoke, Britain February 4, 2021. REUTERS/Peter Cziborra https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)