読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種、研修医1・8万人を活用…厚労省通知「研修の一環として実施できる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種に研修医を活用するための手引を都道府県に通知した。国は7月末までに高齢者約3600万人への接種を完了させるとしているが、各地で打ち手の確保が課題となっており、全国に約1万8000人いる研修医を有効活用したい考えだ。

厚労省
厚労省

 医師法上、研修医がワクチン接種を行うことには何の問題もないが、自治体や病院から「臨床研修にどう組み込めばよいか」との問い合わせが相次ぎ、「ワクチン接種を研修の一環として実施できる」と明記した。

 接種会場に指導医を配置することが望ましいとしたが、難しい場合はオンラインなどで連絡が取れる体制を整備することを求めた。

 奈良県はすでに、研修医約200人を6月から集団接種会場に派遣することを明らかにしている。

無断転載・複製を禁じます
2058358 0 医療・健康 2021/05/17 18:41:00 2021/05/17 18:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210517-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)