読売新聞オンライン

メニュー

子育てなどで離職した潜在看護師、ワクチン接種に協力で就職準備金3万円…対象は70万人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスワクチン接種を加速させるため、子育てなどで離職した潜在看護師がワクチン接種のために再就職した場合、就職準備金3万円を支払うと発表した。田村厚労相が記者会見で明らかにした。

田村憲久・厚生労働相 
田村憲久・厚生労働相 

 各都道府県の看護協会が運営するナースセンターに登録して研修を受け、ワクチン接種の業務にあたることが支給の条件。同省によると、潜在看護師は約70万人いるとされる。

無断転載・複製を禁じます
2068966 0 医療・健康 2021/05/21 18:44:00 2021/05/21 18:44:00 田村憲久・厚生労働相。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210521-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)