読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昭和大の麻酔科元講師、論文など142本で捏造や改ざん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昭和大学(東京都品川区)は28日、上嶋浩順・元麻酔科講師ら4人について、論文など142本で捏造ねつぞうや改ざんなどの不正があったとする調査報告書を公表した。捏造と改ざんは上嶋元講師1人で行ったとし、すでに懲戒解雇した。他の3人は、研究に関わっていないのに共著者になるなどしていた。日本麻酔科学会も同日、「昭和大の成果主義に対する圧迫感が不正へと導いた」とする調査報告書を公表した。

 同大と同学会は、外部からの指摘を受け、昨年春から調査を進めてきた。

 同大の報告書によると、上嶋元講師が著者となった2015~20年の論文など147本を調査し、142本で不正を認めた。論文12本や症例報告9本のほか、学術雑誌への投稿116本などだった。

 不正の内訳は、全てのデータをでっち上げるなどの捏造112件、事実と異なる数値や薬剤名の記載などの改ざん5件、不適切な著者の記載131件だった。

 同大は、不正の背景として、上嶋元講師の研究倫理観の欠如や麻酔科の不適切な指導体制などを挙げた。同学会も、業績作りのために不正が継続的に行われていたとした。

 研究倫理に詳しい札野順・早稲田大教授は「論文数や研究資金の獲得だけでなく、後進の育成や、科学や社会にどれだけ貢献したかなど総合的に研究者を評価するべきだ」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2084997 0 医療・健康 2021/05/28 19:04:00 2021/05/29 00:07:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)