読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

モデルナ製ワクチン、接種間隔は4週間…ファイザー製は3週間

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自衛隊の大規模接種で使われているワクチンは米モデルナ製で、主成分は、国内で接種が先行している米ファイザー製と同じ「メッセンジャーRNA(mRNA)」という遺伝物質だ。接種後、mRNAによって新型コロナウイルス特有のたんぱく質が体内で作られ、発症や重症化を防ぐ抗体ができる。

 海外の臨床試験で発症を抑える有効性は94%と、ファイザー製の95%と同等の効果が示された。初期の臨床試験で接種を受けた人の血液を使い、変異ウイルスへの有効性を調べた研究では、英国型で従来型と同等の抗体が確認されたという。

 一方、副反応の頻度に関する米医師会誌の論文によると、1回目の接種後は接種部位の痛み71・4%、疲労感32・5%、頭痛26・9%、発熱10%など。2回目の接種後は頻度が上がる。重いアレルギー反応の「アナフィラキシー」の発生頻度は100万回あたり2・5回で、ファイザー製の4・7回と大差はない。

 米エモリー大小児感染症科の紙谷聡医師(ワクチン学)は「モデルナのワクチンはファイザーのものと効果や副反応に目立った差はない。ともに極めて安全で、高い効果が期待できる。副反応の多くは数日で消失する」と話す。

 2種類のワクチンで異なるのは1回目と2回目の接種の間隔だ。ファイザー製は原則3週間だが、モデルナ製は4週間となっている。市町村が実施する集団接種ではファイザー製が使われている。同じ種類のワクチンを適切な間隔で接種するよう注意が必要だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2087842 0 医療・健康 2021/05/30 11:39:00 2021/05/30 11:39:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210530-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)