新規感染者の明確な減少は9月上旬…野村総研が試算、五輪開催時の接種完了まだ2割

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野村総合研究所は31日、新型コロナウイルスのワクチンを政府目標の1日100万回のペースで接種した場合、人口の4割が2回の接種を完了し、新規感染者が減少する効果が明確になるのは9月上旬になるとの試算を公表した。

体育の授業「屋内外ともマスク不要」…文科省が教育委員会に周知へ
新型コロナウイルスワクチン接種のため、自衛隊が設けた大規模接種会場に並ぶ1都3県の高齢者ら(31日午前7時25分、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影
新型コロナウイルスワクチン接種のため、自衛隊が設けた大規模接種会場に並ぶ1都3県の高齢者ら(31日午前7時25分、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影

 同研究所は、接種が先行する米やイスラエルでは、接種を完了した人が人口比で4割に達すると、新規感染者が減少する傾向が明確になったと分析。米ファイザー製のワクチンのみを使用する想定で、日本で4割に達する時期を試算した。

 現在の接種ペースは1日約40万~50万回だが、6月17日から1日100万回接種が実現した場合、9月9日に接種完了率が4割に到達。1日80万回のペースにとどまれば、4割の接種完了は10月1日にずれ込む結果となった。

 一方、1日100万回接種でも、東京五輪の開会式を予定する7月23日時点での完了率は20・9%と予測。感染者数は高い水準にとどまる可能性があるとした。

 同研究所は、「達成には各自治体による接種の加速化が不可欠。医療体制が逼迫ひっぱくして接種が滞らないよう、インド型の変異ウイルスの感染拡大を防ぐことも重要」と指摘している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2090842 0 医療・健康 2021/05/31 20:53:00 2021/05/31 23:22:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)