体調不良を我慢した人も…療養施設スタッフにクラスター、事務室に50人「密」状態

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 札幌市の新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設で起きた運営スタッフのクラスター(感染集団)を巡り、調査に当たった国立感染症研究所が市に対し、スタッフの事務室が「密」状態だったと指摘していたことがわかった。感染者の急増を受けたスタッフの増員が背景にあるとみられる。感染の急拡大で、コロナ対応の最前線でも感染リスクが高まっている実態が浮き彫りとなった。

北京市トップ、ゼロコロナ「今後5年堅持」と発言か…SNS上で猛反発が起き報道修正
宿泊療養施設として使われている「アパホテル&リゾート札幌」(5日、札幌市南区で)
宿泊療養施設として使われている「アパホテル&リゾート札幌」(5日、札幌市南区で)

経路特定できず

 市は5月20日、療養施設として借り上げている「アパホテル&リゾート札幌」で、看護師や市職員ら計10人が感染したと発表した。道内で施設の運用が始まった昨年4月以降、施設内のクラスターは初めて。事態を重く見た感染研が原因調査に入った。

 市によると、施設内では、入所者の健康管理を担う看護師や医師の班のほか、市の一般職員らが、入退所の手続きを行う班と弁当の提供などをする班にそれぞれ分かれて業務している。感染は、入所者に接する看護師だけでなく、他の班の担当者にも及んだ。

 スタッフは、感染者と接触する可能性のある業務では防護服の着用を徹底していた。また、自宅から通う人も多く、ホテル内で入所者から感染したか、ウイルスが外部から持ち込まれたか、感染研の調査でも感染経路は特定できなかった。

1

2

3

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2104793 0 医療・健康 2021/06/06 10:31:00 2021/06/06 12:06:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210606-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)