読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ファイザーワクチン、2回接種で抗体量上昇…「頻繁に飲酒」する人は上がりにくい

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ワクチン
ワクチン

 千葉大医学部付属病院は、同院職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの有効性を調べる研究の経過報告を発表した。米ファイザー社製ワクチンを2回接種した1774人のうち、99・9%の人に抗体の量を示す「抗体価」の上昇がみられたという。

 今回の研究の対象となったのは、コロナの罹患りかん歴がある10人を含む21~72歳。ワクチン接種前と2回目の接種から14~32日後に採血するなどし、比較したところ、1人を除く1773人の抗体価が上昇していた。

 抗体価が上がりやすかったのは、コロナの罹患歴がある人や女性、抗アレルギー薬を内服している人。また、1回目と2回目の接種間隔を18~25日の中で比較したところ、間隔を22日以上空けた方が抗体価が上昇した。

 一方、副腎皮質ステロイドの内服や頻繁に飲酒をしている人などは、抗体価が上がりにくいことも分かった。ただ、同院は「十分な量の抗体ができていると考えられる」としている。

 同院は今年2月、ワクチンの研究や啓発活動などを行う「コロナワクチンセンター」を設立。同大医学部と連携し、ワクチンの効果や副反応、免疫応答の研究に取り組んでいる。

 1年後には、研究に協力した職員に対し、新型コロナウイルスを発症したかの調査を実施する予定だ。横手幸太郎病院長は「(研究成果は)ワクチン接種のモチベーションや安心につながる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2104978 0 医療・健康 2021/06/06 14:33:00 2021/06/06 17:34:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210606-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)