読売新聞オンライン

メニュー

12~15歳の子どもへの接種「意義ある」…日本小児科学会が見解

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本小児科学会は16日、新たに新型コロナウイルスワクチンの接種対象となった12~15歳の子どもについて、「感染でまれに重症化したり、周囲に広げたりする可能性があるため、接種する意義がある」との見解を発表した。

ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 ただ、思春期の子どもは高齢者と比べ、接種後の発熱や 倦怠けんたい 感、頭痛などの頻度が高いとされている。このため、本人と保護者への十分な説明のうえ、慎重に接種することが望ましいとした。

 また、集団接種ではなく、かかりつけの医療機関での個別接種を推奨した。思春期の子どもは、接種後の失神など、集団反応も起きやすいという。

 厚生労働省は5月末、米ファイザー製ワクチンについて、公的な接種対象を12歳以上とすることを決めた。

無断転載・複製を禁じます
2129378 0 医療・健康 2021/06/16 20:42:00 2021/06/17 00:18:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210616-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)