読売新聞オンライン

メニュー

様々な変異ウイルスに対応…「スーパー中和抗体」富山大など取得、人工的に作製も可能

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富山大や富山県衛生研究所などの共同研究グループは16日、新型コロナウイルスに感染した患者に投与すると重症化を防ぐことができる「中和抗体」について、現在確認されている様々な変異ウイルスに対応できる「スーパー中和抗体」を取得したと発表した。今後、治療薬の早期実現化を進める。

「スーパー中和抗体」の取得を発表した記者会見(16日、富山市の富山大五福キャンパスで)
「スーパー中和抗体」の取得を発表した記者会見(16日、富山市の富山大五福キャンパスで)

 研究グループによると、研究ではまず、新型コロナで重症化し回復した人の血液から、細胞の遺伝子を取り出して遺伝子組み換え抗体を作製。この中から特に感染を防ぐ力が強く、多種類の変異ウイルスに対応できるスーパー中和抗体を取得した。

 中和抗体は、ウイルスが人の細胞と結合するのを阻害する働きがあり、軽症や中等症の患者に投与すれば重症化を防ぐことができる。「スーパー中和抗体」は新型コロナの従来型のほか、現在確認されている英国型やインド型などほとんどの変異ウイルスの感染を防ぐことができるという。ブラジル型については現在確認中としている。

 同大で開いた記者会見で斎藤滋学長は、「抗体を投与することで重症化を予防でき、医療資源の確保に貢献できる」と意義を述べた。スーパー中和抗体は人工的に作製できるため、同グループでは製薬会社と連携し、安定的な治療薬供給を目指す。

無断転載・複製を禁じます
2134910 0 医療・健康 2021/06/18 10:34:00 2021/06/18 12:37:12 スーパー中和抗体の取得を発表する富山大の会見(16日、富山大五福キャンパスで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)