読売新聞オンライン

メニュー

コロナ感染で16%亡くなる透析患者、ワクチン待ち望む日々…「年齢も高く重症化リスク高い」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 腎臓などの病気で人工透析を受ける人が、新型コロナウイルスワクチンの接種を待ち望んでいる。学会などの調査では、昨年3月以降に透析患者でコロナ感染が確認された人の16%が亡くなっているからだ。医療機関も感染拡大に気を配りながら治療を続けている。(佐藤果林)

7割60歳以上

透析室に設置された新型コロナウイルス感染者用の陰圧テント。奥には一般の透析患者用のベッドも並ぶ(東京都内で)
透析室に設置された新型コロナウイルス感染者用の陰圧テント。奥には一般の透析患者用のベッドも並ぶ(東京都内で)

 日本透析医会と日本透析医学会、日本腎臓学会の3団体は昨年3月に「感染対策合同委員会」を設置。会員医師らから全国の透析患者のコロナ感染例や感染後の症状などの報告を受け、取りまとめている。

 それによると、昨年3月から今月10日までにコロナ感染が判明した透析患者は1905人。311人が感染後に亡くなっていた。

 政府や自治体は、コロナ感染後に死亡した人を、死因にかかわらず新型コロナの死者として計上している。厚生労働省の今月17日時点の集計では、コロナの累計感染者約77万人のうち、死者は1万4264人。死亡率は1・8%となる計算で、透析患者の16%は突出する。

 コロナに感染した透析患者の7割近くに当たる1317人は60歳以上だ。3団体合同委の委員長を務める下落合クリニック(東京都新宿区)の菊地勘院長は「多くの患者は糖尿病や高血圧などの疾患から、透析を必要とする。年齢も高く、感染により重症化するリスクはどうしても高くなる」とし、「感染が再拡大し、病床が不足すればすぐに入院できない透析患者が相次ぐ恐れがある」と指摘する。

残り:856文字/全文:1606文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2135516 0 医療・健康 2021/06/18 15:00:00 2021/06/18 17:15:13 東京都内の病院の透析室には新型コロナウイルスの感染者向けの陰圧テントが設置されている https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)