読売新聞オンライン

メニュー

コロナで日本人の「うつ」倍増、米も3・6倍…若い世代や失業者ら深刻化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルス(心の健康)に関する国際調査でわかった。他の先進国でもパンデミック(大流行)以降、2~3倍に増えており、OECDは対策の強化を呼びかけている。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 調査によると、日本では、うつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(2013年調査)だったが、20年には17・3%と2・2倍になっていた。

 他国の状況を見ると、米国は6・6%(19年)から23・5%となり、3・6倍に急増。英国も9・7%(同)から19・2%と倍増した。

 特に、若い世代や失業者、経済的に不安定な人の間で深刻化しているという。

 OECDは、精神疾患や精神的な不調に伴う経済損失は、治療費の負担や失業、生産性の低下などを含め、15年時点で約6000億ユーロ(約79兆円)以上になると試算。パンデミックで、それ以上になることが懸念されることから、各国政府に適切な医療ケア、雇用対策の充実を急ぐよう求めた。

無断転載・複製を禁じます
2138224 0 医療・健康 2021/06/19 13:21:00 2021/06/19 13:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)