読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国産ワクチン、年6000万人分供給可能…塩野義製薬「年内には量産体制整う」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塩野義製薬の手代木功社長は29日、東京都内で読売新聞のインタビューに応じた。開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、予定している製造能力のままでも年間最大6000万人分の供給が可能になるとの見通しを明らかにした。

インタビューに答える塩野義製薬・手代木社長(29日)
インタビューに答える塩野義製薬・手代木社長(29日)

 同社は岐阜県池田町に製造工場を建設中で、年内には完成し、量産体制が整う予定という。同社はこれまで年間の製造量を最大3000万人分と発表していたが、手代木社長は「これまでの研究の結果、1人分の投与量を想定の半分ほどに抑えられる可能性が出てきた」と説明した。

 ワクチンは「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれるタイプで、昨年12月から1、2段階目の臨床試験を進めている。実用化には、数万人規模で行う最終段階の試験が必要とされている。手代木社長は「東南アジアやアフリカの流行地域での実施を検討している」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2165320 0 医療・健康 2021/06/29 20:38:00 2021/07/05 21:07:32 政治面連載「語る」用、塩野義製薬・手代木(てしろぎ)功社長インタビュー(29日、東京都千代田区で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210629-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)