読売新聞オンライン

メニュー

後遺症の味覚障害訴える人の7割は味覚正常…嗅覚異常に伴う「風味障害」の可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染症の後遺症について、味覚障害の症状を訴える人の約7割は味覚が正常だったことから、嗅覚の異常に伴う「風味障害」の可能性があるとの調査結果を、三輪 高喜たかき ・金沢医科大教授(耳鼻咽喉科)らの研究チームがまとめた。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 チームは今年2~5月、東京、大阪、愛知、千葉、石川の5都府県で、無症状~中等症の新型コロナ患者251人にアンケートを実施。味覚や嗅覚に異常を訴える人は約6割に上った。

 このうち119人に味覚と嗅覚の検査を行ったところ、検査時点で味覚障害を訴えた45人のうち約7割の33人は「味覚は正常」と判定される一方、大半は嗅覚の異常も感じていた。このため味覚障害を訴える原因は、嗅覚障害でにおいを正常に感じ取れなくなり、味に違和感が生じる風味障害と考えられるという。

 味覚障害、嗅覚障害の症状は、発症から1か月後にはそれぞれ84%、60%で改善していた。三輪教授は「食事は味覚と嗅覚の両方で味わうため、どちらに異常があるか判別が難しい。嗅覚の異常は鼻の粘膜の腫れによることが多く、腫れがひけば改善する」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2227735 0 医療・健康 2021/07/22 21:50:00 2021/07/22 21:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)