読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日医など9団体、全国に緊急事態宣言求める緊急声明…「病床がひっ迫しつつある」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、日本医師会や全日本病院協会など9団体は29日、東京都内で合同記者会見を開き、全国に緊急事態宣言の発令を検討することなどを政府に求める緊急声明を発表した。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 声明では、感染者の増加に伴い「病床 逼迫ひっぱく が現実に発生しつつある」と指摘。さらに、入院調整待機者や自宅療養者などの急増から「重症者用病床使用率が(最も深刻な)ステージ4に達していなくても、医療の逼迫が迫っている」と訴えた。その上で「爆発的な感染拡大を避けるための危機感の共有と対策が必須」とし、〈1〉緊急事態宣言の対象区域を全国とすることの検討〈2〉テレワークや直行直帰の徹底〈3〉40~64歳と持病のある人へのワクチン接種の推進――などを求めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2245908 0 医療・健康 2021/07/29 22:12:00 2021/07/29 22:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50188-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)