日本人の平均寿命、女性は世界1位の87・74歳…男性は2位の81・64歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年の日本人の平均寿命は女性が87・74歳、男性が81・64歳で、いずれも過去最高を更新したことが30日、厚生労働省の集計で分かった。今回から世界保健機関(WHO)に加盟する主要48か国の比較に切り替えたため、19年は男女ともに世界1位だった香港は「地域(特別行政区)」として除外された。この結果、日本は女性が世界1位、男性は2位となった。

厚労省
厚労省

 平均寿命は、その年に生まれた0歳児が、平均で何歳まで生きるかを予測した数値。過去最高を更新するのは女性が8年連続、男性が9年連続で、同省は医療技術の進歩や健康意識の高まりが要因とみている。男性の1位はスイスで81・9歳(2019年)。

 日本人の死因についてみると、がん、心疾患、脳血管疾患の「3大死因」で亡くなる確率は男性が約50%、女性が約44%。20年は初めて新型コロナウイルス感染症で亡くなる確率についても検討し、男性は0・28%、女性0・20%だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2248903 0 医療・健康 2021/07/30 18:59:00 2021/07/30 18:59:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)