モデルナ製ワクチン、2回目接種翌日に8割で37・5度以上の発熱…ファイザー製の2倍に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省研究班は、2回目の接種翌日に37・5度以上の発熱が約8割で起きたとする調査結果を明らかにした。米ファイザー製の2倍の頻度という。

米モデルナ製のワクチン
米モデルナ製のワクチン

 同省の専門家検討会で4日、報告された。調査はモデルナ製ワクチンを接種した自衛隊員ら約2500人が対象。2回目の接種翌日に37・5度以上の発熱があったのは78・4%で、38度以上も61・9%に上った。接種2日後にも約2割に発熱があった。これらの副反応で約4割が急きょ仕事を休まざるを得なくなっており、研究班の伊藤澄信・順天堂大客員教授は「接種翌日は勤務をしない前提で態勢を組んだ方が良い」と話した。

 このほか厚労省は、ファイザー製とモデルナ製のワクチン接種後の死亡例が7月25日までに累計834人だったと報告した。接種との因果関係について、検討会は「評価できない」か「認められない」とした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2262854 0 医療・健康 2021/08/05 10:28:00 2021/08/08 15:57:42 大規模接種で使用された米モデルナ製のワクチン容器 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)