読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ピンピンコロリ」の人生、「気持ち」しだいの側面も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 [New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「健康寿命」。

 日本人の2020年の平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳。世界でも指折りの長寿国だが、できれば日常生活に支障がない健康な状態で長生きしたいと願うのが人情だろう。そこで注目されているのが「健康寿命」だ。今年は3年ぶりに最新の数値が公表される予定で、行方が注目される。

「健康寿命」制限なく日常生活送れる期間

 「ピンピンコロリ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。死ぬ直前まで元気で過ごし、病気で苦しんだり、介護を受けたりすることがないまま天寿を全うすることを意味する。最近は略して「PPK」と呼ぶらしい。

 それでは何歳ぐらいまで、日常生活に制限のない状態で生活できるのだろうか。その目安とされるのが健康寿命だ。政府が3年ごとに計算して公表しており、2016年時点で男性が72.14歳、女性が74.79歳となっている。

 平均寿命との間には、男性で約9年、女性で約12年の差があることがわかる。この差は病気などを抱える「不健康期間」と呼ばれている。健康寿命を延ばし、不健康期間を短くすることが、ピンピンコロリに近づくことになる。

 健康寿命は世界保健機関(WHO)が00年に提唱し、日本でも10年ほど前から公式に使われるようになった。政府は現在、健康な状態で長生きする人を増やすため、40年までに健康寿命を男女とも3歳以上延ばし、75歳以上にする目標を掲げている。

 高齢者の健康診断を拡充して異常を早期に発見し、介護が必要になる一歩手前の段階とされるフレイルの予防などに力を入れる方針だ。

気持ちが左右 国民の実感に近い数値

 政府が、その延伸を政策目標の一つに位置づけている健康寿命だが、「病は気から」という言葉もあるように、実は高齢者の「気持ち」に左右される側面がある。

 健康寿命は、3年ごとに大規模調査が実施される国民生活基礎調査の「あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか」という質問に対する回答結果に基づいて算出されている。

 健康診断の結果や、医学的な統計に基づいた数値ではない点がポイントだ。回答者の認識に左右される数値でもあるが、逆に、国民の「実感」により近い数値とも言える。

 ニッセイ基礎研究所の村松容子さんは「現在の70歳前後の方たちは、戦後の経済成長で栄養状態が改善し、『生きやすくなった』という実感を抱いている。健康寿命の延びはこの実感が原動力とも言えるが、実際に健康も改善しており、連動している」と話す。

 19年の国民生活基礎調査に基づく最新の健康寿命は、年内に公表される予定だ。

残り:924文字/全文:2045文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2299161 0 医療・健康 2021/08/20 05:00:00 2021/08/20 08:18:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210819-OYT1I50161-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)