【独自】感染妊婦、この症状なら迷わず119番…新生児死亡受け学会が「目安」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに感染した千葉県の妊婦が自宅で療養中に早産し、新生児が死亡した問題を受け、日本産科婦人科学会(日産婦)などは、感染して自宅などで療養する妊婦が救急車を呼ぶ必要がある症状などの目安をまとめた。23日にも日産婦のホームページで公表する。

天理へ思い託す横断幕…コロナとも戦い、県大会準Vに終わった生駒が贈る

 目安は、日本産婦人科医会とまとめた。まず、かかりつけの産婦人科医や保健所に連絡が必要な症状として、▽1時間に2回以上の息苦しさ▽心拍数が1分間に110回以上▽安静時の血中酸素濃度が93~94%から1時間以内に回復しない――などを挙げた。

 息苦しさで短い会話もできない時や、血中酸素濃度が92%以下になった時は、すぐに救急車を要請する必要があるとした。

 妊婦は、早産や流産などの兆候にも注意が必要だ。出血やおなかのはり、胎児の動きが鈍くなるなどの変化があれば、かかりつけ医に連絡することも求めた。

 妊娠後期(28週以降)の妊婦が感染すると、重症化しやすいとされる。感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の影響で感染する妊婦は増えており、日産婦の中井章人理事は「妊婦の血中酸素濃度が下がると胎児にも影響を与える。状態の変化に気をつけてほしい」と呼びかけている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2305322 0 医療・健康 2021/08/23 05:00:00 2021/08/23 05:14:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210822-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)