読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

患者1300万人の慢性腎臓病、治療薬を初承認へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内に約1300万人の患者がいるとされる慢性腎臓病について、厚生労働省は近く、治療薬を初めて承認する。人工透析などが必要な重症になるのを避けられる可能性があり、注目される。

厚生労働省
厚生労働省

 新薬は、糖尿病や慢性心不全の薬として承認されている英製薬大手、アストラゼネカの飲み薬「フォシーガ」。厚労省の薬事・食品衛生審議会の部会が、慢性腎臓病への使用を了承し、厚労省が承認に向けた手続きを進めている。

 日本のほか、米国や英国など21か国の約4000人が参加した国際共同治験では、新薬を投与したグループは、腎機能の悪化や死亡などのリスクが39%下がったという。

 慢性腎臓病は、数か月から数十年かけて腎臓の働きが徐々に悪くなる。進行すると、人工透析や腎臓移植を余儀なくされるほか、心臓病や脳卒中などのリスクを高める。

 慢性腎臓病には、糖尿病や高血圧、肥満などが関わることが知られ、これまでは血圧を下げる薬を使うなどしてきた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2310707 0 医療・健康 2021/08/24 15:42:00 2021/08/24 15:42:00 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210824-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)