塩野義製薬のコロナワクチン、1回目投与後の安全を確認…初期臨床試験

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塩野義製薬(大阪市)は24日、成分を一部変更して開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、初期の臨床試験で1回目投与後の安全性を確認したと発表した。今後、3週間の間隔をあけた2回目の投与後の安全性や有効性を確認する。

「県民割」支援、6月30日宿泊分まで延長…1日最大7000円分を補助
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 同社はワクチンの臨床試験を昨年12月に始めた。作られる抗体の量を増やすため、ワクチンに含まれる免疫増強剤の種類を変えて、改めて試験を実施した。今月19日までに、20~64歳の日本人男女60人に対してワクチンか偽薬を投与したところ、重い副反応はこれまでみられていないという。

 最終段階の臨床試験は国内のほか、アジア・アフリカ地域でも予定している。同社は今年度中の供給開始を目指している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2311143 0 医療・健康 2021/08/24 19:39:00 2021/08/28 19:27:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210824-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)