教室の換気徹底・不織布マスクの無償提供…子どもの感染増で小児科学会など緊急提言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本小児科学会などは26日、学校の新学期に合わせ、子どもの新型コロナウイルスの感染が増えていることから、「これまで以上の活動制限が求められる」とする緊急提言を公表した。学校だけでなく、学習塾や放課後児童クラブ(学童保育)などでも感染対策の徹底が必要だとした。

国内のコロナ新規感染3万7438人…東京の1週間平均は13%減
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 学校活動の維持は「子どもの発育のために、最も重要だ」としたうえで、地域の感染状況に合わせて、休校、学級閉鎖、分散登校などを考える必要があると指摘した。部活などの課外活動の制限も求めた。

 また、学校内や学習塾などで、不織布マスクの着用や教室の十分な換気を徹底するべきだとした。家庭の経済的負担軽減のため、子ども用の不織布マスクの無償提供も提案した。教職員らには、積極的なワクチン接種を呼びかけた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2317968 0 医療・健康 2021/08/27 01:50:00 2021/08/27 01:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210826-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)