読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

精神障害は誰でもかかる可能性…「脳の休み時間」少ない現代、崩れやすいバランス

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 うつ病や依存症などの精神障害についての知識を広め、適切に対応できる地域社会を実現するため、鳥取市末広温泉町の一般社団法人「サイコロ」が、トークイベントや企業への助言、指導などに取り組んでいる。精神障害は誰でもかかる可能性があるうえ、効果的な治療法があるだけに、サイコロでは「精神障害について知り、できるだけ早く対処することが大切。心の不調を感じたら気軽に相談してほしい」と呼びかけている。(脇孝之)

「精神障害に関する知識を広めたい」と語る谷口さん(鳥取市で)
「精神障害に関する知識を広めたい」と語る谷口さん(鳥取市で)

 サイコロ代表理事の谷口 敏淳としあつ さん(40)は、2006年から10年間、鳥取市内の総合病院に臨床心理士として勤めた。「公認心理師」という国家資格も持つ谷口さんは、欧米でうつ病や不眠症などの精神障害に効果があると実証されている認知行動療法を使って患者の支援にあたった。しかし病院は精神科医による薬の投与が中心で、一時的に症状が良くなっても、根本的に治らない人を多く見てきた。

 パニック障害や統合失調症などの精神障害は誰でもかかる可能性がある。しかし心の不調を感じても、治療を受けることに思い至らず、悪化した人も多かった。これは精神障害に関する知識が広まっていないためで、もっと多くの人に精神障害の種類や治療法である認知行動療法などを知ってもらう必要があると考え、16年にサイコロを設立した。

 メンバーは公認心理師や研究者ら4人。治療活動として、鳥取県内の複数の企業と契約して、うつ病などの精神障害になった従業員の相談を受けたり、メンタルヘルスについての管理職研修を実施したりしている。心の不調を感じた一般の人からの有料の相談も受ける。

 さらに知識の普及活動として、発達障害者とトークライブをしたり、うつ病について精神科医ら3人でパネルディスカッションをしたりしてきた。若桜町の 氷ノ山ひょうのせん で精神障害について語り、森の中で 瞑想めいそう する催しも実施した。

 谷口さんによると、現代はパソコンやスマートフォンの普及で脳の休む時間が少なく、脳のバランスが崩れて精神障害になりやすいという。谷口さんは「ものの受け止め方や考え方を変える認知行動療法は精神障害に効果があり、もっと多くの人に効用を知ってほしい。鳥取という地域全体に精神的な病気に対する知識や理解を広めたい」と話している。

 問い合わせはサイコロのホームページ( http://psychoro.org )へ。

  ◆認知行動療法= 現実の受け止め方や感じ方、ものの見方を「認知」といい、この認知を変えることで心を楽にして、悲観的な感情を減らしていく治療法。ストレスがたまって陰鬱(いんうつ)な気分になった時は、心のバランスが崩れて認知がゆがみ、不安感や否定的な考えが強くなってしまう。そこで反射的に浮かぶ考え方を変えて、バランスの取れた思考を取り戻し、ストレスや不安感にうまく対応できる心にしていく。困難を乗り越えていける心を育てる方法として最近注目されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2345151 0 医療・健康 2021/09/06 17:14:00 2021/09/06 17:14:00 精神障害に関する知識を広めたいと語る谷口さん(鳥取市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)