読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

厚労省、コロナ治療薬の開発費補助へ…3社の三つの候補に臨床試験費など

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルス治療薬の開発促進のため、国内外の製薬企業3社の三つの治療薬候補について、臨床試験費用などを補助することを決めた。4月末に決定した第1弾(2社4候補、計約12億円)に続く第2弾で、支援額は近く決定する。

厚生労働省
厚生労働省

 補助金の対象になったのは、アストラゼネカの2種類の中和抗体を組み合わせた注射薬「AZD7442」と、塩野義製薬の軽症用飲み薬「S―217622」、富士フイルム富山化学の軽症用飲み薬「ファビピラビル(製品名アビガン)」。

 同省は、治療薬の開発支援として、昨年度第3次補正予算に70億円を盛り込んだ。第1弾の支援対象の一つは「抗体カクテル療法」と呼ばれる中外製薬の点滴薬「ロナプリーブ」で、7月に特例承認された。8月末までに、約1700医療機関で約1万3000人に投与されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2348550 0 医療・健康 2021/09/07 20:56:00 2021/09/07 20:56:00 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)