読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

月額医療費1000万円以上の人、過去最多の延べ1365人…6年で4倍以上に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年度に医療費の月額が1000万円以上かかった人は延べ1365人となり、過去最多を更新したとする調査結果を健康保険組合連合会(健保連)が発表した。高額な抗体医薬が次々と登場したことが影響したとみられる。

 大企業の社員や家族ら約3000万人が加入する健保連が、診療報酬明細書(レセプト)を使って、1か月の医療費を分析した。月額が1000万円以上となった加入者の延べ人数は14年度は300人だったが、それ以降は毎年右肩上がりで増え続け、6年で4倍以上に跳ね上がった。

 健保連では、血友病Aの治療に用いる「ヘムライブラ」、発作性夜間ヘモグロビン尿症用の「ユルトミリス」、重症筋無力症治療薬の「ソリリス」など高額な抗体医薬が次々と登場し、広く使われるようになったことで、特に月額1000万円~2000万円の加入者が増えたのではないかと分析している。

 また、レセプトを高額な順番で並べると、1~7位が、全身の筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症」の治療薬「ゾルゲンスマ」で、すべて1億6000万円を超えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2367174 0 医療・健康 2021/09/15 10:55:00 2021/09/15 10:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)